糖尿病の治療法

糖尿病の治療法

 

糖尿病の治療法には、食事療法、薬物療法、運動療法といったものがあります。
薬で糖尿病の症状を抑えながら、食事療法で治療効果を高めていきます。
特に日本人に多いタイプの2型糖尿病には、食事療法が不可欠と言っていいものです。
日本人は過食の傾向にあります。
年齢とともに代謝が低下してくるため、食事の量が少なくても脂肪の燃焼率が低下し、肥満になりやすい身体になります。
糖質がたまってしまうことで肥満になると、血糖値も高くなり、糖尿病の症状も悪化していきます。
食事は糖尿病以外の人にとっても基本的なこと。
自分の健康状態に合う食事をすることで、血糖値をコントロールしていくことが大切です。
食品のカロリーや糖質を知ったうえで、食事療法をしていくことが必要になってきます。
苦痛を伴うかもしれませんが、食事療法をきちんと実践しないと糖尿病を緩和することができません。
併せて運動療法をすることで、体重をコントロールしていきます。
運動療法は、糖尿病による合併症が起きていない人であれば、やることが望ましいものです。
薬物療法で使われる薬は、糖尿病の症状に合わせたものが使われます。
糖尿病の薬は、積極的に血糖値を下げるために使われるものです。
医師に指示された通りに正しく服用して、効果を高めていきましょう。